肝臓の病気の症状

症状や特徴

女性

肝臓がんはもっとも自覚症状が出にくいのが特徴です。肝臓はとても丈夫なので、少しの腫瘍ができても機能低下などが起こりにくいです。自覚症状が現れた場合は肝臓がんが進行している時です。すぐに病院に行って診察をしてもらってください。症状としては、黄疸、腹水、過度なむくみがでてきます。人により、下痢や低血糖状態に陥る場合もあります。腹水がたまると、息苦しさ、体重の増加、尿量の減少などの症状がでてきます。医師の判断に従い、利尿剤を使うなどして治療していきましょう。肝臓がんを早く見つける為には、定期的に診察をすることが大切です。また肝臓がんは突然発症するものではありません。その前に慢性肝炎や肝硬変になる場合が多いです。がんはその延長線上で発症する場合がほとんどなのです。慢性肝炎や肝硬変になった方は気を張る必要があります。医師としっかり相談して今後の生活の仕方などを見直しましょう。

食事療法で工夫すること

肝臓がんの食事療法において大切な事は、栄養のとれた食事を取ることです。基本的なことではありますが、これこそが最も難しいものなのです。しかし進行状況や症状により食事の量など変わってくるので医師の判断に従ってください。アルコールを飲んでいた方は禁酒をしなければいけません。アルコールは肝臓に多大な負担をかけてしまいます。病状を悪化させる危険性もあるので、アルコールは控えてください。野菜を多く摂りましょう。野菜にはミネラルやビタミンが豊富に含まれているので、野菜ジュースなどでも良いので多く摂るようにしてください。食事制限はあまりありませんが、減塩やアルコールを抑えるなど、肝臓に優しい食事を取ることが重要です。