肝臓の病気の症状

女性

肝臓がんの種類や食事療法の仕方を説明していきました。自覚症状はでませんが、慢性肝炎や肝硬変などの合図はあるので、見逃さずしっかりと医師に診断してもらうことで早期発見に繋がります。 早期発見でがんを倒して、再発の危険性をなくしましょう。

詳細を確認する...

大腸は早期発見で完治する

肝臓と肺への広がりに注意

医者

がんの中でも特に多いのが大腸がんです。比較的進行が遅いので、早期発見すれば完治する確率が高いのが特徴です。ステージ1だと内視鏡による切除治療で治すことができます。注意すべきなのは転移です。大腸がんの場合は肝臓や肺などへの転移が多いのが特徴で、転移先のがんが先に見つかって大腸が発生源だとわかるケースもあります。大腸と肝臓はくっついている臓器なので、そのために転移がしやすいのです。肝臓へ転移した場合はあまり症状が出ないのが特徴で、黄疸やお腹に鈍痛が出るようなら検査をする必要があります。肺へ転移した場合は咳や血痰が一週間以上続いたり、急に息苦しさを感じ始めたら要注意です。肺転移の手術では胸腔鏡手術を行うのが一般的です。

予防は定期的な検査が一番

大腸がんを治すには早期発見が大事ですが、自覚症状としては血便や下血などがわりとハッキリとわかる症状です。また急に便が細くなったりすると、大腸にがんができている可能性があります。血便や下血の場合は、血液の色によってどの部位にできているかがわかります。例えば鮮血の場合は直腸など肛門付近にできていることが多いのです。小腸に近い部位の場合は便がまだ液状なので、便から判断することは難しくなります。その他にも貧血が多発したり、膨満感が起こったり、嘔吐や肛門の痛みなどがある場合は要注意です。がんは30代から増え始めるので、40代になったら定期的に検査をする必要があります。特に大腸がんは早期発見で完治できるので、今後も定期的な検診が最も有効な治療法ということになります。

どこの病院がおすすめか

病院

食道がんは再発も多い病気なので、違和感があればすぐに見せておいた方が良い病気です。このがんには二種類タイプがありますが、どちらも喫煙が原因の場合が多いので、自分なりに控えるという対策も必要になってきます。

詳細を確認する...

増加中の女性特有の病気

看護師

女性がかかる病気で特に意識してもらいたいのが、子宮頸がんです。20代の若い女性でも多く発症してしまう病気で、性行為経験者のほとんどが疑われる病気です。定期的な検診で大きな事態を防いでいくことができるので、積極的に受けていくようにしましょう。

詳細を確認する...